アルジェリア・日本の二国間関係

アルジェリアと日本の二国間関係は遡る事、1958年に端を発します。その年、東京にアルジェリア民族解放戦線(FLN)の代表事務所開設許可が日本で下りたのです。その後、1961年に、アルジェリア―日本友好協会が、何人かの日本人代議士のイニシアティブにより設立されました。

アルジェリアと日本の関係を特徴づけるのは、友情、信頼そして共通の価値観です。そのおかげで、両国は絶える事のない政治的対話を続け、徐々に経済協力の面でも充実を図って参りました。両国の2国間関係は、今後も多様な協力関係の樹立を展望いたしております。

  • 1962年 日本はアルジェリアの独立を承認し、二国間関係を樹立
  • 1964年 東京とアルジェにそれぞれの大使館を開設

アルジェリアからの要人訪日

  • 2013年:アブデルカデール・ベンサラ国民評議会議長兼ブーテフリカ大統領特使兼アルジェリア代表団団長、TICAD V会議のため来日
  • 2008年:アブデラジィズ・ブーテフリカ大統領、北海道洞爺湖サミット参加のため来日
  • 2004年:アブデラジィズ・ブーテフリカ大統領、訪日

日本からの訪アルジェリア:

  • 2014年:岸信夫外務副大臣
  • 2010年:前原誠司外務大臣
  • 2004年:森喜朗元内閣総理大臣